FC2ブログ
過去の光、星の輝きを紡ぐ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
Re:Start
2014-10-26 Sun 14:30

D700
シグマ15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Lee ソフトフィルター♯3
iso3200 f2.8 SS55s

秋の寒空に瞬く冬のダイヤモンド。
カペラ、ポルックス、プロキオン、シリウス、リゲル、アルデバランを六角に結び、その中心に赤の宝石ベテルギウスを置く。
なんて贅沢な宝石なんだろう。いつもこのソラを見上げるたびに思う。

オリオン座自体は冬の星座ではありますが夏の明け方には昇ってきますね。
そんなオリオンも神話上で自分を殺した蠍はやはり苦手とみえて、蠍座が昇る頃オリオンは反対のソラへ逃げる様に消えて行きます。

t-fuyunoseiza.gif
他よりの頂き物ですがこの図と見比べてもらえればわかりやすいかな♪

ちなみに写真左下の図に無い明るい星は木星です。
その場を動かない恒星と違い、黄道12星座の中で位置を変え惑い歩く星。
それらの星達は惑星と言うんですよ☆
スポンサーサイト
別窓 | 星空圏 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<皆既月食 | GFSS-2010 AQUAELIE |
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| GFSS-2010 AQUAELIE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。