FC2ブログ
過去の光、星の輝きを紡ぐ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
星を撮ろうよⅡ☆ 
2014-11-14 Fri 23:55
DSC_5035.jpg
Nikon D700
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
F2.8 iso3200 SS20s

今回は星の撮り方についてちょっと書いてみます♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

自分は基本的に星景やと広角レンズばかりで50ミリ以下しか使いません。
14ミリから35ミリがほとんどです。
あくまで星と大地の景色を取り入れる星景写真なのでそれらが同時に写せるレンズが便利と言うわけですね♬
星のみに焦点をあてるのであれば50ミリよりも長くて良いですが今度は赤道儀等が必要になってきます。

ある程度構図決めたら
三脚をしっかり立てて、
カメラやらをセットし、
LVでピントをしっかり拾う。基本的にはそれだけです。

前も書きましたが、ここであると便利なものとしてレンズヒーターなどのレンズを温める機材。
使い捨てカイロとかでも一応代用は効きますが、
寒い日や冬場は全く役に立ちませんので電池式のカイロやレンズヒーターもしくは木炭式のカイロとかをバンドでレンズに抱かせるとええかと思います。
これが無いとレンズに露が降りたりして曇り出してしまい撮影が出来なくなります。。
仲間達もよくこれで泣かされてましたからね(´•̥̥̥д•̥̥̥`̀ू๑)‧º·˚
ちなみにレンズにヒーター巻く前にピント追い込んでその位置でテープにてピントリング固定しておくとずれないのでお勧めです!

そしていよいよ撮影ですが、
月の無い闇夜で肉眼にて天の川が視認出来るレベルであれば自分の場合ISO3200、F2.8開放、露光15〜25秒をベースにしてますがそれで撮ってみた画像をプレビューで確認しつつ条件も追い込んで行く感じになります。

天の川を撮る場合は6400や場合によっては12800まで使う事もありますが逆に月の出ている時などは月齢にもよりますが3200ですら明る過ぎてしまうので、
もっと感度は下げて露出時間も少なくしつつプレビューで適時条件判断しながら良い所を見つけます。

月のあるソラはその明るさ故、星の見え方が少なくなるもののレイリー散乱によってソラが青く写り、
地上の風景もシルエットではなく色の乗った状態で写せる利点もあるのであえて月のある風景、月がある時にしか撮れない写真を狙ってみるのもええかなと思いますけどね♬

ちなみに恒星自体が実際に動く事はありませんが地球が自転している為に固定撮影の場合は星が動いている様に写ります。なので超広角でも30秒以上は開けません。
露出時間が短い程星は点像に見えるからです。長くする程流れが目立つ様になってきますから
星を点像にしたいと言うのなら出来るだけ露出時間は短めにです。

露出時間は短かくしたいけどノイズがのるので感度は上げたくない。って場合、レンズのF値が明るい方が有利と言うのはここにあるんですよね。
固定撮影の場合は特に露光時間稼げますから(少ない露光時間で済む)

単焦点レンズならF1.4や1.8で撮る事が多いのでその場合はノイズが目立つ感度を下げて、かつレンズの明るさがあるのでその分露出時間も短かくしてもちゃんと写るって訳ですね!
今は個人的にNikonの20㎜F1.8レンズが欲しいですw

そして焦点距離の短い、広角であればあるほど流れが目立ちにくいので露出時間は天の赤道に近くても長く取れますよ(⑅˃◡˂⑅)
と言う観点から広角の明るいレンズがあると尚良いですよってお話ですが、
キットレンズならだいたい広角側18ミリ始まり且つF3.5始まりが主流や思うので、
ワイド端18ミリでISOはノイズが目立つので3200くらいまで、F値は少し絞って4、SS15秒から25秒あたりの露出で様子を見てみたらええかなと思います。
本来ならここでポータブル赤道儀などがあると感度をもっと下げつつF値も1段程絞った状態でも自転に合わせて星を追尾してくれるので1分露出時間取っても星を点像に写してくれるんですが、
ポータブル赤道儀やらそれを載せる頑丈な三脚などなど追加費用が発生してしまうのが玉に瑕ですね(›´Д`‹ )

そして星空はやはりノイズとの戦いでもありますが長秒時ノイズリダクションに関しては本機で行わず、
RAWで撮ったものを現像する際に同時にノイズも処理してええかなと思います。
特に長秒時ノイズ低減は毎回ダークフレーム撮ってるからか露光した時間と同じ分待たされるので流星狙いの時なんかは特にまどろっこしいです(笑)
それと記録は出来ればJPEGとRAWの同時記録がいいですね♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

あと、レンズによっては前玉とこや後ろ玉とこに各種フィルターをつけられるものもありますが、
そこへソフトフィルターをいれてやると明るい星が滲むので全体にメリハリがついて、
星座のカタチなどもわかりやすくもなるので俺は結構好んで使ってます(∩´͈ ᐜ `͈∩)˖*

でも一番大切なのはピントをしっかり追い込む事です。
いくら綺麗に撮れてる様に見えても全部ピンぼけでは泣くに泣けませんから。。

スポンサーサイト
別窓 | 星空圏 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| GFSS-2010 AQUAELIE | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。